中小企業診断士試験

【令和5年度】試験スケジュールが発表されました!

branchpine

こんにちは。ぶらんちです。先日中小企業診断協会より令和5年度(2023年)中小企業診断士試験スケジュールが発表されました。令和2、3年度は東京オリンピックの関係で変則日程が組まれ、令和4年も変則スケジュールでしたが、今年はどうでしょうか?

では早速見ていきましょう!

スポンサーリンク

これまでの通常スケジュール

令和元年(平成31年)までの試験スケジュールは、だいたい以下のようにほぼ固定でした。

項目日程
1次試験本番8月の第1土曜日、日曜日
1次試験合格発表9月の第1火曜日
2次試験本番(筆記)10月の第3日曜日
筆記合格発表12月の第1金曜日(7日前後)
2次試験本番(口述)12月の第2日曜日
2次試験合格発表12/25か26、もしくは翌年1/5か6

なので早い段階でも学習計画は立てやすかったです。実際、「もっとよく日程を知っていたら学習計画をこんな風に立てたのに」という記事も書いたくらいです。

あわせて読みたい
中小企業診断士試験合格に向けた勉強方法(全体戦略編)
中小企業診断士試験合格に向けた勉強方法(全体戦略編)

最終的な合格発表が年明けとなった年度はいくつかありましたが、筆記試験に進めた時点でほぼ勝ち確定なので、あまり気にする人はいなかったと思います。

近年の変則スケジュール

ちなみに、直近3年間のスケジュールは以下の通りです。

項目標準R2R3R4
1次試験本番8/6・77/11・128/21・8/228/6・8/7
1次試験合格発表9/38/259/219/6
2次試験本番(筆記)10/2510/2511/710/30
筆記合格発表12/712/111/141/12
2次試験本番(口述)12/1412/201/231/22
2次試験合格発表12/251/52/22/1

令和4年度は東京オリンピックやコロナ禍の影響、1次試験合格者の増加など、さまざまな要因で2次試験の受験者数が激増したことに伴い、採点するための期間を確保した印象でした。

令和5年度の試験日程

では発表されたスケジュールはどうなっているでしょうか?

項目日程
1次試験本番令和5年8月5日(土)・6日(日)
1次試験合格発表令和5年9月5日(火)
2次試験本番(筆記)令和5年10月29日(日)
筆記合格発表令和6年1月11日(木)
2次試験本番(口述)令和6年1月21日(日)
2次試験合格発表令和6年1月31日(水)

カレンダーの関係で1日早まっていますが、令和4年度と同じスケジュール感となりました。ということは、今年も1次試験は標準レベルで合格率30%前後、2次試験の受験者はおよそ9,000人前後を想定しているのかもしれません!

まとめ

如何でしたでしょうか?

中小企業診断協会サイトには、これから令和4年度の試験情報がどんどん掲載されていきますので、逐次チェックしていきましょう!

ちなみに試験の難易度はどうなる?が気になる方は、以下の記事をご参照ください。

あわせて読みたい
中小企業診断士試験の難易度は下がる?今後の予想について
中小企業診断士試験の難易度は下がる?今後の予想について
ABOUT ME
ぶらんち
ぶらんち
中小企業診断士
システムエンジニアとして14年間キャリアを積んだ後にコンサルティングファームに転職。ITコンサルタントとして従事する傍ら、中小企業診断士として伴走支援を実施中。
スポンサーリンク
記事URLをコピーしました