1次試験対策

結局「クラウド」って何?基礎を押さえるカンタン解説!

こんにちは。ぶらんちです。近年「クラウド○○」「△△クラウド」といった単語やサービスをよく聞きますよね。IT技術・情報分野が専門でない限り、「正直よく分からない」という方も多いと思います。ただ、今後もクラウド化の流れは進んでいくものと思われますので、絶対に押さえておきたいワードです。

そこで今回は「クラウド」とは何か?について解説します。

ITシステムの構成要素

そもそも、自社ホームページやネットショップ(ECサイト)を立ち上げたり、顧客データベースや社内メールを整備するときに、どんなものが必要でしょう?

A子さん

ぜんぜんわかりません(すでに拒絶反応・・・)

どんなITシステムでも必ず必要となる要素があります。それが以下の3つです。

  1. ハードウェア/ネットワーク
  2. OS/ミドルウェア
  3. アプリケーション(ソフトウェア)

「クラウド」の前に、まずは各要素を理解する必要があります。

ハードウェア/ネットワーク

コンピュータは、以下の5大装置を組み合わせたものです。

  • 入力装置
    マウスやキーボード、タッチパネル等
  • 出力装置
    モニター、プリンタ等
  • 記憶装置
    HDD、SSD等
  • 演算装置
    四則演算や論理演算など
  • 制御装置
    入力、出力、記憶、演算の各装置を制御

※ 演算装置・制御装置をまとめてCPU(中央演算処理装置)という。

これらを1つの筐体(きょうたい:物理的な箱)にまとめたもののうち、個人が利用するものをPC(パーソナルコンピュータ)と言い、共同で利用するものをサーバと言います。また、CPUや筐体など物理的に存在するものが中心なのでハードウェアなどと呼んだりします。

また、それぞれはWAN、LANと呼ばれるネットワークで接続し、異なる筐体同士の情報通信を行います。

ここまではどのようなITシステムを構築するにせよ共通で必要となる部分です。ハードウェアとネットワークを合わせて、インフラストラクチャ―(インフラ/基盤)と総称されることもあります。

OS/ミドルウェア

さて、ハードウェアが出来ましたら、その中にシステムの基礎となるソフトウェアを導入します。それがOSやミドルウェアです。アプリケーションソフトは、適合したOS上でしか動作しません

OS (Operating System)

ジョブ管理やユーザー管理、アプリケーションの起動・実行などの基本的な機能を提供するためのソフトウェア。Windows、MacOS、Linuxなど。

ミドルウェア

OSとアプリケーション(ソフトウェア)の中間的な役割をもつソフトウェア。データベース(DBMS)など。

これだけではイメージできないかもしれないので、先にアプリケーションまで見てみましょう。

アプリケーション(ソフトウェア)

アプリケーション(ソフトウェア)は特定の目的・機能を提供するためのソフトウェアです。応用ソフトウェアとも呼ばれます。文書作成(Word)、表計算(Excel)が代表例です。

PCの場合は色々なアプリケーションを導入しますが、サーバーの場合はその目的に合わせてアプリケーションを絞ります。例えばメールシステムソフト(Exchangeとか)を入れることで社内メールを構築することができます。

まとめると、ITシステムを構築する場合は①ハードウェア筐体やネットワーク環境を準備し、②OSやミドルウェアをインストールし、③アプリケーションを導入する、と言った手順になります。これらが全て揃って初めて「システム」と呼ばれるものが出来上がるわけです。

クラウドとは

やっと本題です(汗)

ITシステムを構築する際、これまでは自社のデータセンターやマシンルームにサーバーを設置し、OSやアプリケーションをインストール・設定するのが通常でした(これをオンプレミスと言います)。

ITシステムを構築するための高いスキルが必要なだけでなく、サーバの設置スペースや電源の確保、運用・保守体制の維持、耐用年数に合わせた定期的な入替(リプレース)など、運営していくためにはそれなりのコストと人材が必要でした。

クラウドとは、それらITシステムに関わる要素の一部または全部をサービス提供する仕組みです。

クラウドには「仮想化技術」「分散技術」「高度なセキュリティ技術」といった技術に支えられています。クラウドサービス業者のデータセンターにもサーバ筐体は置かれているのですが、1つのサーバの中に複数のOS環境を同時に構築したり(仮想サーバ)、複数の物理サーバをあたかも一つのサーバのように動かしたりして効率化を実現しています。また情報漏洩が発生しないよう、暗号化をはじめとする様々なセキュリティを施しています。

クラウドサービスの種類

クラウドサービスは、サービス提供範囲に応じて以下のように分類されます。

  • SaaS (Software as a Service)
    各種アプリケーションまでサービス提供
  • PaaS (Platform as a Service)
    ミドルウェア/OSまでを提供
  • IaaS (Infrastructure as a Service)
    ハードウェアやネットワーク環境までを提供

SaaSのようにアプリケーションまで提供してもらえるサービスを利用すれば、日々の運用はほとんどサービス事業者にお任せすることができますが、自社独自の運用(自社開発ソフトとのデータ連携など)の実現は難しくなります。

IaaSのようにハードウェア/ネットワークだけ提供してもらえるサービスであれば、自社独自の運用などの実現はしやすくなりますが、運用負荷はSaaSほど下がらない可能性が高いです。

クラウド化を進めるにあたっては、上記のような特徴を考慮しながらサービス選定をしていくこととなります。

まとめ

如何でしたでしょうか?

IT技術の進歩はすさまじく、どんどんと新しいサービスが登場します。すでにAaaSやDaaSといったものもあります。ですが上記の知識をとっかかりにしてIT系の最新ニュースに触れてみると、意外と理解が深まるかもしれません。

にほんブログ村アイコン2

この記事が「参考になった」と思ったら下記バナーのクリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村に参加しています。